カラオケのマナーや歌い方について

カラオケは通常友達や恋人同士・家族と共に行き食事をしながら自分の好きな歌を歌って盛り上がる場所なのですが、たまに一人で行くのが目につきます。
一人で行くと虚しいだけじゃないの?と疑問に思うかもしれません。
ですが、そこにはとんでもない目的があるのです。
今回は一人でカラオケに行く目的を紹介いたしましょう。

大声で歌ってストレス発散

大半はストレス発散という目的で利用します。
会社に勤めていると社長に文句を言われたり注意をされたりして段々とストレスを溜めこんでしまうことでしょう。
ですが同僚に言うのも気が引けるし…皆で行くのはちょっと…と思うかもしれませんね。
そのような時に独自でカラオケを利用して日頃溜まっていたものを大声で歌って発散するのです。
このような恥ずかしい姿は決して同僚には見せられませんよね。

曲の歌い放題

会社の同僚など皆で行くとマイクのシェアをして歌はなければならないのです。
自分が好きな曲を入れたのに全然順番が回ってこないといった事があります。
しかし独自で利用すると好きな曲を入れ放題でマイクも使い放題、しかも順番は全く関係ないといった利点があります。
そのような目的で利用するのも独自でいく理由です。

続いてカラオケの良さを紹介したいと思います。

個室であること

他の客も利用しているのです。
他の客が気分良く歌っているのに他人の歌声が聴こえてきたらどうですか?
なんか嫌ですよね?不快感を覚えます。
ですが、個室ですと分厚い防壁で遮られていますのでどんなに大声で歌っても相手には聴こえないので安心です。

プライベートを邪魔されないこと

恋人同士で行くとイチャイチャしたくなりますよね。
しかも二人きりというかなり良いムードになること間違いないでしょう。
ですが人の視線を浴びてしまったら折角のムードが台無しです。
人のプライベートを覗き見られるのって何か嫌ですよね。壁に耳あり障子に目ありのことわざ通り何を聞かれて何を見られているか分かりません。
まるで誰かに監視されているような気分になります。
ですが分厚い防壁があると覗かれることもありませんし二人の話し声も聞こえませんし何かを見られてしまうといった心配もありません
つまり防壁はそのような役目も果たしているんですよ。
何とも便利な世の中になったものです。

しかも料金が他の場所よりも比較的安くなっています。
なので財布に非常に優しいと言えましょう。
先に述べた事柄に加えて財布に非常に優しいことと料金が安いことも最大の利点と言えるのかもしれません。

 

カラオケでやってはいけないこと

 

カラオケボックスに到着して早々サライを歌う

サライは24時間テレビの最後で流れる谷村新司の代表的な曲です。
到着していきなりサライを歌えば一緒に来た人はドン引きするでしょう。
更に泣きながらですと「気持ちわるぅ」と思われますので絶対に止めて下さい。

携帯やスマホなどを見る

誰だって一生懸命歌っている姿は見て欲しいと思います。
ですか携帯電話ばかりを見てシッカリと聴いていないと「俺または私とでは面白くないの?」と疑い出しますので他の事はしないほうが良いと思います。

曲の途中に勝手に消さない

次は自分が歌うぞ!と思い機械で誤った操作をしてしまうと相手の曲を消しかねません。
消してしまうと相手に不快な思いを与えてしまいます。
そうなってしまうと、もう二度と誘ってはくれません。
「間違った、ゴメン」では済まされないので極力自分の出番が来るまではいじらないようにした方が良いです。

食事は厳禁

基本カラオケボックス内での飲食は可能ですが食事中は食べる事に夢中になってしまいます。
ですので飲み物だけにして食べ物は注文しないようにしましょう。

盛り上げ方に気をつけよう

変な盛り上げ方をするとただの雑音でしかないです。
正しい方法ならば良いのですが、あまり盛り上げ方を知らないのに変な方法でしてしまうと、ただの迷惑な奴にしかすぎません。
ですので方法が全く知らなければ何もしないようにした方が良いかもしれませんね。